過去を引きずっていては全力で婚活前進できない!

婚活に全力投球できない方の中で、過去を引きずっていることが大きな原因になっている場合もあります。

元彼と未だに連絡を取っている

意外と多い、「昔彼だったけど、今は友達」

これは、結婚後はどうするのでしょうか?結婚したお相手にもきちんと紹介できるようであればまだよいと思いますが、ズルズルとまだ未練があったり、復縁は無理だとわかっているのにズルズルしているのはNG。

今すぐ、スッパリと未練を断ち切りましょう。

昔の栄光をひきずっている

私、昔は可愛かった。
自分は昔はチョットモテた。
等の昔の自分の栄光はバッサリ捨てましょう!
昔の栄光や残像に浸り過ぎては今の自分をきちんと直視できません。

今の自分が一番輝いている!素敵なんだ!という、ポジティブで前向きな心をもたずして、婚活前進は出来ません。
これから出会う人は、過去のあなたと付き合うわけではありません、今のあなたと出会うのです!

過去の思い出を溜め込んでいる

昔の恋人との写真、プレゼント、連絡先等、カタチとして残っているものを思い出と共に大事にしすぎるのはよくありません。

これから、新しい出会いをして、これから新しい素敵な想い出をどんどんつくってゆけばいいのです。大量にある元恋人写真や連絡先は綺麗に整理することをおすすめいたします。

過去を引きずっていると、ネガティブに

色々な過去を引きずっていると、婚活に全力で前進できないだけでなく、ネガティブな思考になったり、運気までも下げてしまうかもしれません。
どちらかというと、女性の方がこのズルズルを引きずる傾向にあります。

「未練」というのは切れにくく、ポジティブに前へ進むには重過ぎるものです。
色々なズルズルした過去はキレイさっぱりと切り捨て、ポジティブに前を向き、幸せへ向かって前進していきましょう。

 

関連記事

  1. 未来の孤独を想像してみる

    未来の孤独を想像してみる

  2. ドキドキを求めていると30代半以後の婚活は難しい

  3. 相手への理想条件を100書き出してみる

  4. 無魅力になるな!自信の魅力を育てよう!

  5. 今は結婚しなくても平気だけど、生涯独身も平気?

  6. 初デートで映画館に行かない方がいい理由

オミ活bnn