婚活マスターの声

20年以上、多くの結婚カップルの誕生を見守ってきて

モアナプランニング
代表 作間 成仁

 

今まで、どれくらいの期間、婚活のお仕事に?

今の横浜は11年。それ以前、都内を中心としていた頃を含めると20年以上です。うちのパーティから100組以上の結婚カップルは誕生しています。20年前はまだ、婚活パーティという名称はなく、カップリングや出会いのイベントはねるとんパーティと呼ばれていましたね。

 

昔と今の婚活パーティは違うと思いますか?

ねるとんパーティと呼ばれていた頃は、みんな気合いもお洒落もパーティ後に誘う店の計画とかまでビシッと張り切っていて、自己PRも物凄く積極的でとにかくお洒落に気を使っていた。今の人は、婚活パーティに来ても話しかけたり誘ったりの積極性が足りない。パーティで上手く動けていない。どちらかというと、女性の方が結婚意識が高く、積極的。話が苦手でオドオドしている男性は私が女性のモトへ繋いだり、フォローはするけれどもそれじゃせっかく参加しても損をしていると思う。

 

婚活パーティでのおすすめアピール方法は?

手当たり次第の連絡先交換は意味がないです。でも、いきなり、ガツガツとマンツーでのお付き合いを初対面の人に迫るよりも、まず、友達になってください!という雰囲気作りから始める「友達大作戦」がいいと思います。相手を安心させてから徐々にステップを上げていくことが大切。

 

婚活パーティで理想の相手になかなか出合えないという人には?

いきなり、自分の理想100%の人に出会う、会ってその場で相手を100%わかることは難しい。まず、会ったときに50%程度の理想や好みを感じたら、付き合っていくのがいいと思う。結婚してからお互いわかりあえていくことって沢山ある。そして、結婚相手へは、友達:夫婦の割合が50:50くらいのほうが、長く続いていくと思う。
婚活パーティを何度もなんども経験し過ぎると、慣れが生じてしまうのでいいとは言えない。半年以上、婚活パーティで結果が出なければ、一度、自分の何がいけなかったのかを考えたり、リセットする意味も含めてお見合い等に婚活の仕方を変えたほうがいいかもしれませんね。

 

女性の婚活パーティ参加者の方から多く言われることがあるそうですね?

パーティ後に女性参加者から言われることのほとんどは”男性の服装“についてです。ほとんどの女性参加者は婚活をキチンと意識した服装で来ますが、それに比べて男性は、Tシャツやポロシャツ、トレーナー、スウェット、パーカーといった普段と変わらないラフな格好での参加の方もいます。特に30代後半の男性に多いです。過去には室内パーティなのにビーチサンダルや頭に被り物もしたままの人もいましたがTPOとして失礼ですね。女性参加者からも男性の服装についてパーティ後に「男性の服装がラフ過ぎる」「ありえない」という言葉を聞くことが多いです。Gパンでもポロシャツでもせめて、ジャケットは必要。スーツでもいいと思うし、足元までのきちんとしたコーディネートのお洒落な男性の方がモテます。婚活のTPOとして男性も女性も外見のお洒落や自分磨きは大切。一度、スタイリストを付けるのもお勧めです。

 

婚活中の方へのアドバイスは?

昔は、パーティもデートもみんな服装にとても気を使っていた。今の人はラフ過ぎる人が多い。まず、婚活をする前に、鏡の前で自分の外見や印象がキチンと整っているか自問自答して欲しい。お互いの共通点を多く見つけるために、話題を増やしておいたり、趣味を増やしたりスポーツするのも大切。恋人が出来た時のためのデートコースも前もって考えておくくらいのイメージも重要。そして、男性のリードも積極的に行ってもらいたいですね。

有限会社 モアナプランニング

(事業部:ONE STEP・恋活、婚活、その他、イベント総合プロデュース)
神奈川県横浜市中区本町6-52
http://www.onestep1.com/

関連記事

  1. 体型スタイルアップで自信と魅力もアップさせる
  2. 婚活マスター募集 婚活Doへ婚活マスターとして皆様の貴重な声をおきかせください
  3. 結婚成功のカギは、自分にあった効率の良い婚活と目標
  4. 結婚相談所での婚活は「一生付き添う親友探し」

カテゴリー記事一覧

  1. 明治神宮
  2. 仲良し犬猫
  3. アンティーク時計
  4. 花嫁と手綱
PAGE TOP